回転寿司屋の仕事とはどんな感じ?

気軽にお寿司を食べることのできる回転寿司。明るくハツラツとしたイメージなので、回転寿司でバイトをしてみたい!という人は多いようです。

また回転寿司はお店の数も多いため、勤務地が近いといった条件で選ぶ人もいるでしょう。回転寿司での仕事内容は、意外と多いため覚えることもたくさんあります。

お客さんに提供するお寿司のネタを仕込んだり、お寿司を握ったり、回転寿司ではデザートや茶わん蒸しといった料理も出しているので、デザートを作ったりメニューにあれば揚げ物をしたりすることもあります。

もちろん接客も必要ですから接客スキルも問われますしレジの打ち方も覚えます。皿洗いもしなければならないため、忙しなく働くことになるでしょう。

これだけ仕事内容があると「うわ、大変そうだな」と思うかもしれません。しかし仕事が多いということは“飽きない”ということでもあります。

毎日新しい発見が続くので、やりがいのある仕事だと言えますね。

そして回転寿司で重要なのはもう1つ、大きな声です。回転寿司へ何度か行ったことがある人なら覚えがあるでしょう。大きな声で接客し、注文が入ったら大きな声で知らせます。

この“大きな声”は簡単なように見えて難しいもの。最初は恥ずかしかった、と語る経験者が多いため、声出しは覚悟しておきましょう。

バイトで面接のときの髪の毛の色って?

面接時の髪の毛の色というのは大変気にかかるでしょう。どれくらいの色ならセーフでどれくらいの色がアウトなのかと悩んでしまう人もいるはずです。

バイトなので別に髪の色なんて何色でもいいと甘く考えていませんか。それがもしかしたらバイトの不採用の原因になるかもしれません。

基本的には面接というのは黒髪で受けた方が良いです。黒髪なら確実に髪の毛の色がマイナスにはなりません。

面接で失敗しない色は間違いなく黒です。ただバイト先によっては派手過ぎなければ良しとされることもあります。

例えばコンビニだったり、カフェだったりは明るめの茶髪でも許されることは多いですし、アパレル関係やパチンコのバイトは比較的自由度が高いです。

しかしバイト先によっては黒髪オンリーでないと許されない場合もありますし、髪の色が原因で不採用になる場合もあります。

ですから本気で採用されたいと思っているなら黒染めしましょう。少々綺麗に染まらなかったとしても、黒染めをしてやる気があるのを評価されれば、採用になることもあります。

髪の色と言うのはバイトを探している人のやる気を示すものでもあるのです。

ですからバイトだからと言って軽い気持ちで面接をしてしまうと、これが響いて不採用になることがあります。

注意して後悔のないように面接を受けましょう。